お金の話
ボッテガ・ヴェネタ

FX、投資信託、外貨MMF、外国債券、不動産資産運用、株式、などの金融商品情報や金利動向などのなぜを紹介。

未公開株の危険性

株式市場に上場されていない株を未公開株といいます、未上場株とも呼ばれています(非公開株、プライベート・イクイティーという呼び方もある)。
未公開株が上場された場合、上場される前の購入価格より初値価格が大きく上回ることも多いため、欲しがる人も多いようです。

しかし、未公開株ならどの会社の株でも、上場された時に初値価格が高くつくわけではありません。
ほとんどの未公開株には、株式譲渡制限があることにも注意が必要です。

自分が勤めている会社の未公開株を購入する場合には、もし、会社が倒産してしまったら、失業する上に、未公開株がただの紙になってしまうという危険性もあります。
未公開株は、一般的にはほとんど出回っていません。

未公開株を保有しているのは、創業者とその親族や主要取引先、ベンチャーキャピタルなどです。
ストックオプション制度により、子会社や社員に未公開株を譲渡している会社もあります。


当事者同士であれば、未公開株を売買することも可能ですが、未公開株詐欺も多いため、購入の際には、細心の注意を払う必要があるでしょう。
一部の証券会社では、未公開株を取り扱っているところもあります。
ですが、過去には、有名企業の未公開株を証券業登録を受けていない投資顧問業者が、不当に高い価格で販売していたこともあるので、あまり知識のない個人投資家は手を出さない方が無難です。

「上場間際の確実に儲かる未公開株」といわれると、つい騙されてしまう人も多いようですが、確実に儲かるのなら、人に譲るはずがないと思います。
業者に未公開株の売買を持ちかけられたら、とりあえず、金融庁のホームページで証券業登録をしているかどうか確認してみましょう。

未公開株は儲かるというイメージから安易に購入すると、普通の株以上に危険があることもあることを認識しておきましょう。


  損得勘定の真実ー現在の100万円と一年後の101万円ではどちらがトクなのかー


タグ:未公開株

金融商品

外貨預金の魅力とは


日本経済の本格回復が確実になるまでは日本の金利はこのまま低金利が続くのでしょう。

特に普通預金の場合、低い金利に加えて、時間外取引や他の銀行との取引、休日取引などの手数料を考えると、銀行に預けるのも自宅に隠し持っておく、俗に言う「タンス預金」もあまり変わらないのでは、と思われるほどです。

そこで海外の外貨預金に目を向ける人が増えています。
外貨預金の魅力は、何と言ってもその高い金利でしょう。
外貨預金の取り扱いは銀行で行っています。

ここで対象となるのは主にアメリカ、オーストラリア、さらにはユーロ等です。
これらの国々で、外貨預金と言う形で預金をした場合、金利のみに絞って考えますと、日本での金利の10倍から20倍くらいの金利がついてきます。

ただしアメリカの場合取引する際に1ドルにつき、往復日本円で2円の手数料が徴収されます。
従って外貨預金の場合は、1年程の短期の預け入れにしてしまうと、大幅な円安になった場合以外は、元金割れしてしまう可能性もあるのです。

しかし一方で、2年以上、5年あるいは10年などの長期の預け入れができるのならば、金利で増える金額だけでも莫大な数字になります。
ただし、金利は国によって違いますし、毎日変動しています。


それと為替との兼ね合いもありますし、先日のアメリカのリーマンショックのような、予期せぬ出来事で大きく変動することも考えられます。
また銀行によって取り扱っている内容も違っています。

外貨預金の高金利という魅力に少しでも興味があったなら、銀行でじっくりと説明を受けて、自分に合った外貨預金を探すことが大切ですね。

「株」「投資信託」「外貨預金」がわかる基礎の基礎講座
「株」「投資信託」「外貨預金」がわかる基礎の基礎講座





タグ:外貨預金

金融商品

投資を始める

景気の悪い昨今将来のためのお金を作る方法として、投資を検討する人が増えているのですね。

特に30代の方の中に、将来の生活の安定のために投資を始めてみようと考える方が多いと言われています。

投資というと、株式投資を考える人が多く、難しいというイメージがあるため、なかなか始められない方もいることでしょう。
しかし、株式投資などの投資は、小額からでも始めることができますし、専門的で高度な知識が必ずしも必要になるわけではありません。

そのため、30代で投資を行ってみようという人でも、気軽に始めることができるでしょう。
株式投資は、平均的な収益率が高いので、特に注目されており、不景気で株価が低迷している今が投資にはチャンスだと言われています。

また、投資はなるべく幅広く行うことが良いとされており、現在は投資の範囲を広げるべく、成長する世界経済に注目し、外国株にも投資をする人が増えているようです。
外国株は、日本にいても投資信託を利用することで簡単に買うことができるので、チャレンジしてみても良いでしょう。

投資をするにあたり、投資信託を利用する時に気をつけたい点としては、他との小さな差が、将来大きな利益となることを考え、踏み出す最初の一歩を慎重にしたいということです。

日本経済が将来に不安を抱える状況である今だからこそ、副業の感覚で自分のお金を投資し、何十年後かの自分にお金を残してみてはいかがでしょうか。

ただし、損失が出る可能性も少なくありませんから、あくまでも失っても生活に支障の出ない範囲のお金で投資することが大事です。


  元手50万円から始める! 月5万円をコツコツ稼ぐらくらく株式投資術




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。